物語消費しすぎ地獄へようこそ

何かしら作られたもの、作られてしまうもの=物語を消費せずに一日を終われない。

小説

誓願

分類:小説 作者:マーガレット・アトウッド、鴻巣友季子(翻訳) 題名:誓願 出版社・レーベル:早川書房 評価:★★★★★ 誓願作者:マーガレット アトウッド早川書房Amazon

月のふりかえり 2021年10月~小説編

分類:小説 作者:中村ふみ 題名:夜見師 (1)(2) 出版社・レーベル:角川ホラー文庫 kindle版 評価:★★★★☆ 夜見師 (角川ホラー文庫)作者:中村 ふみKADOKAWAAmazon夜見師2 (角川ホラー文庫)作者:中村 ふみKADOKAWAAmazon20代前半で男子が死ぬという家系に生…

月のふりかえり 2021年9月~小説編

分類:小説 作者:横山秀夫 題名:顔 FACE 出版社・レーベル:徳間書店 評価:★★★★☆ 顔 FACE作者:横山 秀夫徳間書店Amazon安定の横山秀夫。 鑑識課で似顔絵捜査官として捜査をしていた女性警察官が、描いた似顔絵で犯人が捕まったものの犯人の顔と似顔絵がま…

月のふりかえり 2021年8月~小説編

分類:小説 作者:誉田哲也 題名:オムニバス 警部補 姫川玲子 出版社・レーベル:光文社 kindle版 評価:★★★★☆ オムニバス 警部補 姫川玲子作者:誉田 哲也光文社Amazon姫川玲子シリーズの短編集。 年上の女性の部下視点の短編「赤い靴」がよかった。 菊田が…

月のふりかえり 2021年7月~小説編

分類:小説 作者:ほしおさなえ 題名:金継ぎの家 あたたかなしずくたち 出版社・レーベル:幻冬舎文庫 評価:★★★☆☆ 金継ぎの家 あたたかなしずくたち (幻冬舎文庫)作者:ほしお さなえ幻冬舎Amazon幻冬舎文庫のキャラノベと帯にあったけど、キャラノベと呼ぶ…

月のふりかえり 2021年5月~小説編

今月読んだ小説は2冊きり。 分類:小説 作者:テッド・チャン 題名:あなたの人生の物語 出版社・レーベル:ハヤカワ文庫SF 評価:★★★★☆ あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)作者:テッド・チャン早川書房Amazon表題作の映画を見て手に取った本。 物理学や数…

2020年度読んでよかった本3冊~小説・物語、評論・エッセイ・随筆編

去年と同じく今年も昨年度読んでよかった本を3冊選ぶことにする。 在宅メインとなり通勤時間実質0時間となった。勤務時間外ではサブスクでドラマや映画ばかり見てしまって読んだ本は本当に少なかった。 こんなところで働きたい 分類:小説 作者:津村記久子 …

2019年度読んでよかった本3冊~小説・物語、評論・エッセイ・随筆編

昨年読んだ本でよかったのをまとめようと思ったら2020年度が始まってしまったので、2019年度読んでよかった本としてまとめることにしました。 働くことが生きることと同義になっている人々 分類:小説 作者:津村記久子 題名:ポースケ 出版社・レーベル:中…

ラノベを文章力でdisってはいけないらしいぞ

ヴァイオレット・エヴァーガーデンを上下と外伝を読んだんですが、おいおいこれ本当に校閲したのかよ?という文章でびっくりしました。

碧と花電車の街

分類:小説 作者:麻宮ゆり子 題名:碧と花電車の街 出版社・レーベル:双葉社 評価:★★★☆☆ NHKの朝ドラの「ひよっこ」に夢中になったのは昨年だった。 その「ひよっこ」と本書には共通点が多い。 主人公の年齢がほぼ同じ お父さんに問題があった お母さんが…

ワイルドフラワーの見えない一年

分類:小説 作者:松田青子 題名:ワイルドフラワーの見えない一年 出版社・レーベル:河出書房新社 評価:★★★☆☆ 小説やらエッセイやら詩やらをまとめた本で、脈絡がないなと思ったけど、いやこれ、フェミ全開じゃないですか。「この場を借りて」と「男なら…

アマルフィ

分類:小説 作者:真保裕一 題名:アマルフィ 評価:★★★★☆ 映画『アマルフィ 天使の報酬』のプロットを元に書かれた小説で、映画のWikipediaのページを見るとかなり設定やらいろいろ違っているのがわかる。小説は、外交官の黒田康作がまるで刑事のように活躍…

海の見える理髪店

分類:小説 作者:荻原浩 題名:海の見える理髪店 評価:★★★☆☆ 直木賞受賞作。 スギエ x フジタのマルマル読書で紹介されていたのでいつか読もうと思ってメモしてあった本。 表題作の「海の見える理髪店」はよかったが、他はいまひとつ好きになれなかった。 …

チルドレン

分類:小説 (kindle) 作者:伊坂幸太郎 題名:チルドレン 評価:★★★★☆ あー、これは好きな人は多いよなー 伊坂幸太郎はあまりに人気で逆に手に取らなかったというわたしのよくあるパターン。登場人物の19歳の出来事と32歳の出来事が交互に出てくる構成とか、…

後悔病棟

分類:小説 (kindle) 作者:垣谷美雨 題名:後悔病棟 評価:★★★★☆ 内科医の早坂ルミ子は33歳。患者からの評価は低め。なぜかというと場にそぐわない言動があるからだ。いわゆる空気や行間が読めないタイプ。 ある日の昼食時に、花壇の植え込みに聴診器が落ち…

まとめて読了(小説編)

分類:小説 わりなき恋 作者:岸恵子 評価:★★★★☆ わたしにとって初・岸恵子さんの本。文庫になったということで本屋で気になったが単行本が図書館にあったので借りて読んだ。70歳の働く女性と一回り年下のビジネスマンの男性の恋。 主人公の女性は著者を彷…

バビロン――死―― バビロン――終――

分類:小説 (kindle) 作者:野崎まど 題名:バビロン――死―― 題名:バビロン――終―― 評価:★★★★☆ 人が死に過ぎてつらい。 つらいけど読ませる。 ぐいぐいくる。3巻で舞台がいきなり海外に移ったのでびっくりしたが、そりゃ今の時代世界中に広まるよね。1巻と2…

買った本・コミック

リミッターはずれましたー日に流れて橋に行く 2 (愛蔵版コミックス)作者: 日高ショーコ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2018/10/25メディア: コミックこの商品を含むブログを見る日高ショーコの描く男は美しいよね~みつば通り商店街にて (ビームコミックス)…

まとめて読了(小説編)

分類:小説 花のようする 作者:藤谷治 評価:★★☆☆☆ 文庫が出た時に気になって、改題前の本が図書館にあったので借りて読んだ。 旬を過ぎたがそれ故に出演オファーがある女優とかつて巨億の富を稼ぎながら現在は無一文の元デイトレーダーのカップルが、世田…

あまからカルテット

分類:小説 作者:柚木麻子 題名:あまからカルテット 評価:★★★☆☆ 中学時代から仲良し30代女性のお話。 ちょっとしたミステリで、肩の凝らない小説だった。専業主婦、ピアノ講師、編集者、美容部員。三者三様の人生が酸いも甘いも描かれるかと思いきや、わ…

今日買った本

最後の医者は桜を見上げて君を想う (TO文庫)作者: 二宮敦人,syo5出版社/メーカー: TOブックス発売日: 2016/11/01メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る最後の医者は雨上がりの空に君を願う(上) (TO文庫)作者: 二宮敦人,syo5出版社/メーカー: TOブ…

今日買った本

中野のお父さん (文春文庫)作者: 北村薫出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2018/09/04メディア: 文庫この商品を含むブログを見る (講談社文庫)" title="泣き虫しょったんの奇跡 完全版 (講談社文庫)">泣き虫しょったんの奇跡 完全版 (講談社文庫)作者: 瀬川…

サーベル警視庁

分類:小説 作者:今野敏 題名:サーベル警視庁 評価:★★★★☆ 本屋で文庫になっていたのを見て気になったけど、図書館にあったので借りてみた。文庫版では表紙が最近のライト文芸みたいなのになっていて、そのためか非常に売れているらしい。たしかに文庫の表…

ペンギン・ハイウェイ

分類:小説 作者:森見登美彦 題名:ペンギン・ハイウェイ 評価:★★☆☆☆ 現在アニメ映画が公開中のこの作品、これまで読んだもりみんのどの小説よりも設定が突飛で、SF?ファンタジー?みたいな小説だった。終始ストーリーにのっていけないまま読了。小学4年…

今日買った本

トリノトリビア 鳥類学者がこっそり教える野鳥のひみつ【初回特典クリアファイル付】作者: 川上和人,マツダユカ,三上かつら,川嶋隆義出版社/メーカー: 西東社発売日: 2018/09/08メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見るポースケ (中公文…

今日図書館で借りた本

利用している図書館が3週間ほど休館になるのと、最近出た文庫で気になる本の単行本が在庫だったのでついでにそれ以外の本も借りてきた。サーベル警視庁作者: 今野敏出版社/メーカー: 角川春樹事務所発売日: 2016/12/31メディア: 単行本この商品を含むブログ …

今日買った本

菓子屋横丁月光荘 歌う家 (ハルキ文庫 ほ 5-1)作者: ほしおさなえ出版社/メーカー: 角川春樹事務所発売日: 2018/08/09メディア: 文庫この商品を含むブログを見るとにかくうちに帰ります (新潮文庫)作者: 津村記久子出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2015/09/2…

若竹七海の葉村晶シリーズ

以前読んでBook Offに売ってしまった本をまた読みたくなって買ってきた。 なんかもったいないというか。プレゼント (中公文庫)作者: 若竹七海出版社/メーカー: 中央公論社発売日: 1998/12/01メディア: 文庫 クリック: 18回この商品を含むブログ (29件) を見…

乱舞

分類:小説 作者:有吉佐和子 題名:乱舞(みだれまい) 評価:★★★★☆ 『連舞』の続編だが、本書だけ独立して読んでも問題ない構成。『連舞』から12年ほどたった日本舞踊の梶川流の跡目争い。 家元になりたがりが何人も出てきてそれぞれが画策しているなか、…

連舞

分類:小説 作者:有吉佐和子 題名:連舞(つれまい) 評価:★★★★★ 架空の日本舞踊流派梶川流をモチーフに、家元一家、有力名取とその子らの人生をなぞった物語。エンターテインメントですね、これは。 「渡る世間は鬼ばかり」を見ているかのような気分でわ…