物語消費しすぎ地獄へようこそ

何かしら作られたもの、作られてしまうもの=物語を消費せずに一日を終われない。

★★★★★

2020年度読んでよかった〜コミック編

親とか友だちとか恋とか盆踊りとか 分類:コミック 作者:小玉ユキ 題名:月影ベイベ (1)〜(9) 出版社・レーベル:小学館フラワーコミックα おわら風の盆で有名な八尾を舞台にした青春もの。 東京から転校してきたミステリアスな雰囲気を漂わせる美少女・蛍…

2020年度読んでよかった本3冊~小説・物語、評論・エッセイ・随筆編

去年と同じく今年も昨年度読んでよかった本を3冊選ぶことにする。 在宅メインとなり通勤時間実質0時間となった。勤務時間外ではサブスクでドラマや映画ばかり見てしまって読んだ本は本当に少なかった。 こんなところで働きたい 分類:小説 作者:津村記久子 …

2020年買ってよかったもの・知ってよかったもの

お題「#買って良かった2020 」昨年は(今年もだけど)未知のウイルスが跋扈したせいで、50年以上生きてきてまさかこんな生活を送ることになるとは思わなかった、というのがすべての感想だが、それでもその生活を送る上でこれを買って、またはあってよかった…

上村五十鈴『雑貨店とある』高野雀『しょうもないのうりょく』

はてなブログのキャンペーンに参加してみむとす。 作者:上村五十鈴 題名:雑貨店とある(1)(2) 出版社・レーベル:芳文社コミックス 雑貨店とある 1巻 (芳文社コミックス)作者:上村五十鈴発売日: 2020/03/16メディア: Kindle版雑貨店とある 2巻 (芳…

2019年度読んでよかった~コミック・コミックエッセイ編

bladebone.hatenablog.comちなみに、2019年度に読んだコミック以外の本(雑誌除く)は80冊だった。目指せ100冊、は毎年の目標。さて、コミック・コミックエッセイ編。2019年度に読んだのは257冊だった。うち電子書籍(kindle)は173冊。kindleはよく期間限定…

2019年度読んでよかった本3冊~小説・物語、評論・エッセイ・随筆編

昨年読んだ本でよかったのをまとめようと思ったら2020年度が始まってしまったので、2019年度読んでよかった本としてまとめることにしました。 働くことが生きることと同義になっている人々 分類:小説 作者:津村記久子 題名:ポースケ 出版社・レーベル:中…

メタモルフォーゼの縁側 (2)

分類:コミック 作者:鶴谷香央理 題名:メタモルフォーゼの縁側 (2) 評価:★★★★★ 本屋に行ったら出ていたので捕獲。 そういえば1巻の巻末に12月ごろ出るって書いてあったっけ。すっかりチェックから漏れていた。雪さんのお気に入りの作家さんも参加する展示…

極主夫道 (1)

分類:コミック 作者:おおのこうすけ 題名:極主夫道 (1) 評価:★★★★★ 不死身の龍がなぜ極道から足を洗って主夫になったのか、美久との出会いは、とかきっと2巻以降で少しずつ明らかになってくるんだと思う。絵がきれいで、主夫の生活を描いているのに妙に…

内向型を強みにする

分類:エッセイ 作者:マーティ・O・レイニー 題名:内向型を強みにする 評価:★★★★★ 子どものころから積極性が足りないと言われ続けた。通信簿にずっとそう書かれていて、本当に自分が嫌だった。 なんで大勢の人といっしょにいると気づまりで疲れるのか? …

銀魂2 掟は破るためにこそある

分類:映画 題名:銀魂2 掟は破るためにこそある 評価:★★★★★ お題「最近見た映画」あまりに楽しかったので、いつもはアニメやドラマ、映画には星をつけないけど、これはつけてしまいました。今日はファーストデーということで1100円で見られましたヨット。 …

銀魂 (29)

分類:コミック 作者:空知英秋 題名:銀魂 (29) 評価:★★★★★ メインエピソードその1 コンピューターウィルスに感染したたまを助けるためにその体に入る万事屋。そこで出会った白血球王が銀さんにそっくり。しかもかっこいいときの銀さんに。目と眉の間が狭…

さんすくみ (10)

分類:コミック (kindle) 作者:絹田村子 題名:さんすくみ (10) 評価:★★★★★ 最終巻 それぞれの役割をはたすためにちりぢりとなった3人。 やるべきことが分かっている人たちはいいな。迷いがあっても先の先はある程度分かっているから。工くんだけがプライ…

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見 (12)

分類:コミック 作者:恵三朗(漫画) 草水敏(原作) 題名:フラジャイル 岸京一郎の所見 (12) 評価:★★★★★ バケケン、慈救大病院、壮望会を巻き込んだセカンドオピニオン騒動と、宮崎先生のデビュー戦の話。大満足の一冊でした。今回はビフィズス製薬の火…

連舞

分類:小説 作者:有吉佐和子 題名:連舞(つれまい) 評価:★★★★★ 架空の日本舞踊流派梶川流をモチーフに、家元一家、有力名取とその子らの人生をなぞった物語。エンターテインメントですね、これは。 「渡る世間は鬼ばかり」を見ているかのような気分でわ…

つづきはまた明日(4)

分類:コミック (kindle) 作者:紺野キタ 題名:つづきはまた明日(4) 最終巻。この巻のメインエピソードのひとつ、「チョコレート戦争」。 バレンタインデーに綾瀬ことみちゃんとお隣のさほちゃんからチョコをもらったお兄ちゃんの杳(はるか)くんは 綾瀬か…

よっけ家族 (3)

分類:コミック 作者:宇仁田ゆみ 題名:よっけ家族 (3) 駿太郎とカズホに女の子が誕生。家族が協力して子育てをする。 お父さんは相変わらず空気だが、兄の長男の幸人の塾の迎えに行くのを忘れて酒を飲んだりして、気を付けていないとちゃんとできない人み…

人妻魂

分類:エッセイ 作者:嵐山光三郎 題名:人妻魂 評価:★★★★★ 人妻という言葉ほど男心をコトコトと煮込み、ムラムラといらだたせ、ビリビリとしびれさせるものはありません。背骨に電線が一本埋めこまれたようなシビレ感があるのです。 人妻→官能→嫉妬→不倫→…

銀魂 (24)(25)(26)

分類:コミック 作者:空知英秋 題名:銀魂 (24)(25)(26) 評価:(24)★★★★☆ (25)(26)★★★★★ 映画『銀魂2』今日17日公開ですね! いつ見にいこうかな。読んだコミックは、吉原炎上篇がメインの巻でございました。 神威登場です。百華の月詠も登場でありんす。 …

江戸前の男 春風亭柳朝一代記

分類:小説 作者:吉川潮 題名:江戸前の男 春風亭柳朝一代記 評価:★★★★★ 5代目春風亭柳朝は江戸っ子を絵にかいたような落語家だったのだな~ 照れがあって、見栄坊で、口は悪くても腹には一物もなくて。 そんな人だからこそ、その体験することはまるで落語…

となりの妖怪さん

分類:コミック 作者:noho 題名:となりの妖怪さん 評価:★★★★★ これは! ぜひアニメで見てみたい。妖怪と人が普通に共生する世界。 天狗のジローさんはかっこいいし、山本さんの茶目っ気や、ぶちおの真面目さ。 愛しい物語。ある意味異世界だけど、その社…

つづきはまた明日 (3)

分類:コミック 作者:紺野キタ 題名:つづきはまた明日 (3) 評価:★★★★★ 「半分、青い」の、男子が小指だけネイル塗ってるエピソードと同じモチーフが本作にあった。第二次性徴のはじまった小学生の女の子の母親に意見するリカコちゃん。お母さんがいなくて…

荒ぶる季節の乙女どもよ。(3)

分類:コミック(kindle) 作者:岡田麿里(原作) 絵本奈央(漫画) 題名:荒ぶる季節の乙女どもよ。(3) 評価:★★★★★ 文芸部廃部問題はミロ先生が顧問になることで解決。 部長が眼鏡をとって髪をおろしたら美少女というのはよくあるパターンで、また雰囲気が…

奔馬

分類:小説 作者:三島由紀夫 題名:奔馬 評価:★★★★★ 勲とその仲間「昭和神風連」の裁判の場面がちょっと愉快。なぜか愉快。 裁判長:井筒。その売りに行った時の状況を述べてみよ。 井筒: はい。麹町三丁目の村越刀剣店へ行きまして、なるたけ何気ない顔…