物語消費しすぎ地獄へようこそ

何かしら作られたもの、作られてしまうもの=物語を消費せずに一日を終われない。

まとめて読了(小説編)

  • 分類:小説

アジアンタムブルー

難病の女性との恋愛もの。
どの登場人物にも共感できなかった。

アジアンタムブルー (角川文庫)

アジアンタムブルー (角川文庫)

おばちゃんたちのいるところ

  • 作者:松田青子
  • 評価:★★★★★

落語や歌舞伎、民話、戯曲、日舞などに題材をとった連作短編集。

発端は、二股されて彼氏と別れた女性がいつも忌々しく思っていたムダ毛の永久脱毛を始めたところへ、死んだおばさんがやってくる。
おばさんが人に見えるようになったのは、そういう技を身に着けたからだそうだ。1年かかったという。

「毛の力はあんたのパワーや」

というわけでその女性もパワーを開発する。

本書の最後に各作品のモチーフ一覧が載っていて、オリジナルにもあたれるようになっている。親切。

幽霊や生まれ変わりが現代に生きていたら(幽霊は生きていないか)こんな感じ、結構楽しいでしょう。はい、楽しいです。
こういう小説大好き。文庫になったら絶対買う。手元に置いておきたい。

おばちゃんたちのいるところ - Where the Wild Ladies Are

おばちゃんたちのいるところ - Where the Wild Ladies Are

バビロン――女――

  • 作者:野崎まど
  • 評価:★★★★☆

東京地検特捜部の検事が追っている事件で不可解な自殺に遭遇する。
所見は自殺だが謎もあるということで捜査するうちに見えてくる政治的陰謀。さらに別の人間の「自殺」。
警察も巻き込んでの捜査に発展するが、どれもこれもうまくない。

最初はよくある警察もの・検察ものだと思っていたが、どうも様子が違うようだ。
作者はライトノベルを多く手掛ける小説家だそうで、本書の雰囲気が誉田哲也の書く警察小説に少し似ている。
地味な地検特捜部の捜査を丹念に描く。
一つひっかかるのは、登場人物の名前だ。あまり見ないような漢字の組み合わせだったり、名前だったりする。
そういうとこがラノベ作家なのかな、と思ったりした。

バビロン1 ―女― (講談社タイガ)

バビロン1 ―女― (講談社タイガ)

まとめて読了(コミック編)

  • 分類:コミック

小路花唄 (3)

路地恋花」シリーズの続編なので、その後の路地の住人のことにかなり紙幅を割いていて、中心となる関係の進展はゆっくりだ。
なかなか進まないな~と思っていたら最後のコマ!
待て、次巻。

ガイコツ書店員 本田さん (2)

  • 作者:本田
  • 評価:★★★★☆

アニメはじまりました!
毎週楽しい~
コミックも面白い。
しかしちゃんと上司のチェックを受けて出ているとは。
暴露本じゃないから当然か。ちゃんとしてるんだな。

鹿楓堂よついろ日和 (1)(2)

  • 作者:清水ユウ
  • 評価:★★★★☆

毎週アニメで癒されていました。
会社の近くでもうちの近くでもいい、鹿楓堂みたいなカフェがほしい...
コミック版はよく見ると、目が怖かったりするんだけど全体的にみるといいよね、いい男ばっかりだね。
中でもオカルトラテアートに妙な自信をみなぎらせる ぐれさんが好きだな~

鹿楓堂よついろ日和 1巻 (バンチコミックス)

鹿楓堂よついろ日和 1巻 (バンチコミックス)

鹿楓堂よついろ日和 2巻 (バンチコミックス)

鹿楓堂よついろ日和 2巻 (バンチコミックス)

夢みる太陽 (1)

  • 作者:高野苺
  • 評価:★★★★☆

高野苺のコミックは50%ポイント還元時に大人買いした。
家族との折り合いがうまくいかない主人公の女子高校生が近所のシェアハウスに住むことになる。
大家さんは21歳。ほかの住人全員男子。
夢の逆ハーレム。しかも気になる同級生も同居している!

ゴールデンカムイ (1)(2)

アニメ第2期始まりましたー
うれしいー
たのしいー
アシリパさんかわいいー
このコミックが売れているのもわかる。
虚実ないまぜ、癖のある登場人物、殺そうとしても死なない主人公。
既刊15巻なんで全巻買うなら今か。

ブックフォワードをあきらめてブクログに移った理由

メディアマーカーからの蔵書・読書管理の移行の続き。
ブックフォワードに引っ越しを始めたのだが...

bladebone.hatenablog.com

レスポンスの遅さに泣いた。

え?1500件強でこれ?というレベル。
あと、無駄に凝った動き要らなくない?

というわけで3000件超のデータを500件づつのcsvファイルにしてインポートしたら、30分かからなかったね。

検索も早いし、移行は完了。

ExcelTeraPadを使えば、ブクログのインポートファイルは簡単に作れました。

メディアマーカー ブクログ 移行

で検索するといっぱいヒットするブログの記事を参照しました。
わたしは真面目なんで以下のきまりを守った。

  • 全項目"(ダブルクォーテーション)でくくった
  • ブランクの項目も""にした
  • 日付時間フィールドも「yyyy-mm-dd hh:ss:mm」にした(TEXT関数)

仕様通りのファイルを作ったので、想定通りの結果が得られたので満足。

メディアマーカーからブックフォワードへの移行でやったこと

前回の記事からちょっと調べて、メディアマーカーからの移行サービスとしてはブックフォワードが一択となった。すでに移行を初めているが、やったことと注意点を挙げたい。

メディアマーカーでやるべきこと

csvファイルへのエクスポート。

メディアマーカーにログイン>設定>CSVエクスポート

  • 対象:登録日
  • 並び順:昇順
  • 期間:すべて(すべてのデータ)
  • 文字コード:Shift-JIS
  • 出力項目:全部にチェックを入れたが、不要な項目はチェックを外していいと思う

ブックフォワードでやるべきこと

  1. ブックフォワード | 書籍管理・新刊通知にサインアップしてアカウントをとる
  2. インポートファイルをダウンロードする
    • 設定セクションのエクスポートをクリックするとインポートファイルをダウンロードするリンクがある

ブックフォワードへのインポートファイルを作成する

項目の対応表
ブックフォワード メディアマーカー
ISBN-10/ASIN ASIN(アマゾン商品コード)
ISBN-13 ISBN/JAN
入庫 (該当なし。1を入力)
既読 (状態=既読なら1、それ以外なら0)
所有 (所有のフラグを設定。空白なら0)
読む予定 (状態=未読なら1、それ以外は0)
購入予定 (ウィッシュのフラグを設定。空白や0なら0)
今読んでる (状態=読中なら1、それ以外なら0)
電子書籍 (カテゴリがキンドルなら1、それ以外なら0)
新刊通知 0*1
評価 評価(空白なら0)
レビュー コメント
ユーザータグ(半角アンダースコア2個(__)区切り) (後述)
しおり 0
入庫日 登録日(YYYY/M/Dの形式で)
変更日 本日の日付(YYYY/M/Dの形式で)*2
読了日 読了日(YYYY/M/Dの形式で。空白なら0/0/0を入力した)
書籍タイトル タイトル
著者 著者

ブックフォワードに一冊登録してそれをエクスポートするとデータの形式がもっとよくわかると思う。

タグの変換

メディアマーカーのエクスポートファイルのタグは改行キーで区切られている一方、ブックフォワードのタグに複数設定したい場合の区切り文字は__(半角アンダースコア2個)なので、置換が必要。

Office TANAKA - Excel Tips[セル内の改行を削除する]

わかりやすい解説ページのリンクを貼っておく。

MS-Excelで作業が必要。上記ページの「置換機能で改行を削除する」を参考に、セル内の改行キーを半角アンダースコア2個に置換する。

  • タグの列を選択
    • 検索する文字列:Ctrl+J
    • 置換後の文字列:__
    • すべて置換(A)をクリック

注意点

ブックフォワードはレスポンスが非常に悪い。
書庫内検索で書名検索するとしばらく考えているかと思ったら、無理でしたみたいな感じで結果を返してこないことたびたび。

そういうわけで、csvファイルのインポートもかなり時間がかかるので、少しずつ移行するようにしたほうがよい。たびたび504画面に飛ばされて、けっこうびっくりする。
わたしは移行データが3000件弱なんだけど、30件ずつやってなんとか処理時間の遅さに耐えられる感じで、この先の道のりの遠さを思うと相当がっくりきている。

それと、CDとかDVDは失敗するみたい。あと月刊や週刊誌も。書籍扱い雑誌は大丈夫でした(文藝別冊とかね)。

参考になれば。

*1:発行日が未来なら1を入れておくと通知してくれる

*2:メディアマーカーのエクスポートファイルにないので、適当に。本日が嫌なら登録日でよいかも

やりたいことは二度寝だけ

二度寝についてのエッセイは収録されていないので、注意。あとがきでも触れています。
作者が企業で働いていた時からいろんな媒体で連載していたエッセイを集めた本の第1弾。

津村記久子さんのエッセイも北大路公子さんのと同じで、半年に1冊ぐらい読むぐらいでいいかと思う。

二度寝ができる日にも、できない日にも、みなさんのそれぞれの事情が、それぞれの自責へと導かれないことを切に願う。また、みなさんを幸福か不幸か勝手にジャッジして、口出しをしてくる不埒な人が現れたら、でも世の中にはこんなにどっちでもないことばかり考えている人がいる、とこの本を見せてあげてください。相手を、「のれんに腕押し」という気分にさせる手助けができると思います。

「どっちでもいいことを考えている人」というところが素敵。

メディアマーカーのサービス終了につき

メディアマーカー - お知らせ / メディアマーカーを終了します。

これは哀しいお知らせだ。
これまでの読書記録と蔵書管理をメディアマーカーでしていたので、どこかにデータを引っ越しする必要があり、データインポート機能のありマルチプラットフォーム対応のサービスで絞ると、ブクログかブックフォワード、読書メーターのどれかとなりそう。

ただ、ブクログはコミックの管理に使っていて、一括編集機能に不満があるので、ブックフォワードと読書メーターを試してみようと思う。

(追記)
読書メーターはブクレコからの移行しか想定しておらず、ブクレコがサービス終了した今となっては移行につかうcsvファイルの形式もわからないので、候補から外れた。

石川くん

  • 分類:エッセイ(kindle
  • 作者:枡野浩一
  • 題名:石川くん
  • 評価:★★★★☆

石川啄木の評伝エッセイ。
ほぼ日での連載をまとめたもので、作者の枡野浩一私見ダダ漏れ、いいぞもっとやれ、な内容。
本文でも書いているが石川くんの人生をディスった内容がわりと多くて、貧乏でかわいそうな人というイメージを払拭してくれる本。
借金したまま死んでしまうのはいかがかと思うし、蟹とたわむれ暇があったら働けと常々思っていたから、いいぞもっとやれと思ったのだった。

ローマ字日記の内容を引用している箇所はかなり引いた。びっくりだよ、石川くん。

石川くん (集英社文庫)

石川くん (集英社文庫)