銀魂 (24)(25)(26)

  • 分類:コミック
  • 作者:空知英秋
  • 題名:銀魂 (24)(25)(26)
  • 評価:(24)★★★★☆ (25)(26)★★★★★

映画『銀魂2』今日17日公開ですね!
いつ見にいこうかな。

読んだコミックは、吉原炎上篇がメインの巻でございました。
神威登場です。百華の月詠も登場でありんす。
パー子とパチ子、グラ子(グラ子て)も再登場。

銀魂っておげふぃん回以外は名言の嵐、名台詞の嵐で、作者の日本語センスがすごくいいと思う。

作者の空知先生の文章も、独特のリズムがあって好き。

銀魂-ぎんたま- 24 (ジャンプコミックス)

銀魂-ぎんたま- 24 (ジャンプコミックス)

銀魂-ぎんたま- 25 (ジャンプコミックス)

銀魂-ぎんたま- 25 (ジャンプコミックス)

銀魂-ぎんたま- 26 (ジャンプコミックス)

銀魂-ぎんたま- 26 (ジャンプコミックス)

本日の買い物

クロワッサン 2018年8/25号 No.979[あの本を、もういちど。]

クロワッサン 2018年8/25号 No.979[あの本を、もういちど。]

雑誌『クロワッサン』の本特集。

幻冬社対象作品最大60%OFFセールより。

あと、映画『銀魂2』の宣伝キャンペーンでファミマで対象お菓子を買って銀さんのクリアファイルをもらったー
小栗旬のは裏がアニメの銀さんが同じポーズをしてるんだよー

アジア大会2018 サッカー男子 日本 vs ネパール

  • 分類:サッカー
  • 大会:アジア大会2018
  • 対戦カード:日本 vs ネパール
  • 結果:1 - 0 日本勝利

森保監督の初陣。
終始ネパールを圧倒しながらも三苫の1点しか得点はなかった。

まーた、ケッテイリョクガーとか批判されそうな内容だったが、それは伝統芸なのでよいのではないか。よくはないけど、勝ったしな。

得点者の三苫きゅんはフロンターレに加入が決定しているのです。よろしくね。

ダス・ゲマイネ

  • 分類:小説 (kindle)
  • 作者:太宰治
  • 題名:ダス・ゲマイネ
  • 評価:★★★★☆

ドイツ語「Das Gemeine」とはGoole翻訳によると「共通」という意味だそうだ。

佐野次郎左衛門とは「私」に馬場がつけたあだな、「さのじろ」とも呼ばれる。
この「私」は太宰自身かなと思ったら太宰治も出てきた。
馬場は音楽学校の学生だというが、抱えているヴァイオリンケースの中身はからっぽというでたらめさ。また佐竹という絵描きも出てくる。馬場は佐竹によると大ウソつきで、「私」が信じたことも嘘だと断じる。荒城の月の話も傑作だ。
雑誌を創刊しようと4人で画策するがそれも流れる。

4人の会話が妄想っぽくて変。でもなんか癖になる変さ加減。
ポップな文体に絶望的な気分にもなる。

自意識過剰というのは、たとえば、道の両側に何百人かの女学生が長い列をつくってならんでいて、そこへ自分が偶然にさしかかり、そのあいだをひとりで、のこのこ通って行くときの一挙手一投足、ことごとくぎこちなく視線のやりば首の位置すべてに困じ果てきりきり舞いをはじめるような、そんな工合いの気持ちのことだと思う

じけんじゃけん! (1)

  • 分類:コミック (kindle)
  • 作者:安田剛助
  • 題名:じけんじゃけん。(1)
  • 評価:★★★★☆

白銀百合子先輩のミステリ研究会によこしまな理由で入った高2男子。
どちらも美男美女で校内でも注目される生徒たちだが、百合子様は重度のミステリ好き。完璧に見えて抜けてるところがたまらないという高2男子。

毎話ミステリ用語をもとにしたコメディが展開される。わりと落ちはしょうもない。
絵がきれいなのと、広島弁をしゃべるお嬢様と、イケメン高校生、コメディ。
何も考えずに読むための要素はそろっている。

グッド・ドクター #3 #4

  • 分類:ドラマ
  • 題名:グッド・ドクター #3 #4

#3

受け入れを断られ続けた救急搬送の子どもの緊急手術をする瀬戸夏美(上野樹里)。執刀医になったことのない医師にあんなに簡単に手術って許されるのだろうか。麻酔医も拒否はできないのか。というより課長がひどすぎる。
処分されるなら課長だと思うけど。

アテンダント医師の高山誠司(藤木直人)が新堂に厳しく接する理由の一端が最後流れた。

#4

初めて患者の主治医となった新堂湊(山崎賢人)。
少々強引な場面も見せるが、手術での的確な指摘や子どもに信頼される様子などから次第に周りに認められるんだろうな~という感じ。
手術後の女の子とお父さんのシーンは泣けた。あの子役は達者やのう。


【公式】「グッド・ドクター」3話予告!


【公式】「グッド・ドクター」4話予告!

かくりよの宿飯 第20話「竜宮城の夢の跡。」

儀式に必要な人魚のうろこを探しに竜宮城跡地に行く葵と大旦那。久しぶりの鬼の姿の大旦那。前回葵に切られた爪が短いままだとかなかなか細かい。
乱丸と銀次の育ての親の磯姫はすでに死んでいるが、夢かうつつか葵は磯姫に会う。

葵はかくりよグッズを少しずつ集めつつあるな~

ケガした大旦那とのシーンはよかった。大旦那はなぜいつも寸止めなのか、気になるところである。